忍者ブログ

うめぞー、思案中

明日は歴史作家「うめぞー、執筆の合間に思案中」

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さっき、ツイッターでグチグチ書いていたけれど、あれは長文に向かない。
たまにはこっちに書いてみよう。

つい最近の経験。
とあるところで、知人相手に話を始めた。
場所としては、不特定多数がいるようなところ。
すぐそばに、私は知らないけれど、知人は知っている第三の人がいる。
私が話し始めて幾らもしないところで、第三の人が寄って来る。
私の話し相手(知人)は、突然、その第三の人に話を振る。
今している話とは、全く違う話題。
そして、割って入った第三の人がそれを受けて、全く違う話を始める。
こちらとしては社交辞令で話を合わせる。
すると第三の人は、勝手に場を仕切って独演会を始める。

一段落したので、私は知人に話の続きをし始める。
すると知人は、またも早々に話の腰を折る。
そして、第三の人も交えて、またも別の話を始める。

私としては馬鹿馬鹿しいと思い、最初の話をする気はすっかり失せた。
知人と第三の人は、恐らく同じタイプだろう。
人と話をするのは嫌いではない、むしろ好きだ。
ただし、しゃべるのは自分であって、相手の話を聞く気はない。
こいつは人の話を聞けるタイプらしいと知れば、主役は私だと言わんばかりに話す。

別の言い方をすると、私はアンタには興味がない。
しかし、アンタは私に興味を持つのが正しい……あくまでも無意識の態度だろうけれど。
これも共通の話題として、ついて行ければ聞く気にもなれる。
そして、相手のキャラも容認できる範囲ならば我慢も出来る。

先日に話をしていた人が、私の知人を偉そうで好きになれない旨を言っていた。
この人にとっては、話題にも興味ない、キャラクターも好きになれなかったんだな。
私は今回の第三の人に同じことを思った。
そして更に思ったのは、知人と話を重ねても、今の私には大して得る物はないのかも知れない。
恐らく、話を重ねるごとに不快感を覚えるだろう。
気付かなくても良かった、相手の無意識の優越感(もっと砕けた言い方をすると、上から目線)が鼻に着いてしまった訳だ。

以前より、知人の取り巻き達に嫌悪を覚えていた。
第三の人も取り巻きの一人だろう。
少し冷却期間を置かないと、知人まで同じ目で見る事になるだろうな。
今までの経験から、これで縁が切れてしまえば、その人は私に必要ではない人という事だ。
もしもためになる人ならば、縁は続いて行くものなのだろう。
PR
おまえは誰か
HN:
うめぞー
性別:
非公開
自己紹介:
明日は歴史作家!

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

お天気情報

-天気予報コム-

最新コメント
[02/06 賀茂史女]
[02/05 うめぞー]
[02/02 賀茂史女]
[01/30 うめぞー]
[01/30 マム]

ブログ内検索

メールフォームです
今日の参考に

Copyright ©  -- うめぞー、思案中 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ