忍者ブログ

うめぞー、思案中

明日は歴史作家「うめぞー、執筆の合間に思案中」

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

忠盛父さんは、やはり変な人だ……(ーー;)
関白の宴会に普段着で行くなんて、水(酒?)ぶっ掛けられたって文句は言えないわよ、まったく(*_*;

忠正「まさかとは思いますが兄上、束帯はお持ちなのに、四位の殿上人にもなられて、直衣の一枚も無いとは言いますまいな」
忠盛「いや、束帯は官からの支給ゆえな……」
忠正「つまり、ないのですか!」
忠盛「院の観音堂建立で、何かと物入りだったゆえ……」
忠正「どうなさるおつもりです、この後も、公卿らからの酒宴への誘いなど掃いて捨てるほどあるはずですよ」
忠盛「いざとなったら、室の実家にでも……」
忠正「やめて下さい、恥ずかしい!!」

あの親子を見ていると、忠正叔父さんが常識人に見えるのは(・・?
だいたい、忠盛さん、舞子さんをかくまった揚句に嫁に欲しいなどと言い出した時にも、御父上から怒られてたのと違うの?
「このたびの一件は、平家一門をも危うくする事態だった」とか、重た~い顔されて……言われた当人は、殆ど自覚ない顔で聞いていたみたいだけど(^_^;)

だいたい息子が成長した後も、海賊見つけりゃ単独で海に飛び込むし、息子が成人の儀で変な舞ではしゃいでも、「これで良いのだ」顔して見てるし……息子がグレて変になるのは、しっかり貴方の背中を見ているためではないのですか???
渋くてかっこ良いけど、忠盛父さんは希代の変人には変わりないわね……(~_~;)
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

変だなあ

と、思いました。忠盛ったらひとりむさ苦しい格好しているんですもの。あれは普段着ですよねえ。
大河をみて思うのですが、あまりにドラマ性を求めるために作りすぎているなあと。

やはりうめぞーさんだったのですね。
その節はありがとうございました。
すぐに奈良博に行きましたよ。
公慶堂も長命寺もお蔵ですか。
残念です。でも教わって以来、何度もお会いしましたし、本来どのようなところにお立ちだったのだろうと滋賀の長命寺さんにも1年前に行きました。

東大寺ミュージアムに行きましたら奈良博に展示されていた多数のお宝が移動しており、奈良博さんも困るだろうなあなんて
思ってしまいました。
おおがかりな展示の入れかえがあったのでしょうね。
今度奈良にいったら覗いてみます。
ただし貧乏なうえに暇なしなのでいついけることやら。

変なんです(・.・;)

ここ何年かの大河ドラマ、誰への迎合に走ろうとしているのか、歴史好きの人を蔑ろにしているとしか思えません。
美術にしても最低限、押さえるべき所は押さえて欲しいですね、伊勢平氏は下手な公卿よりも財力があるという辺りとか、如何に院の御所でも女御方が御簾も何も下ろさないまま、平気で北面の前に姿を曝すような超ハシタナイ事はしないとか。
もう一つ気になってるのは、どうして清盛の乳母(守役)出てくるのに、乳母子が出てこないのか……中世においては公家だろうが武家だろうが、乳母子の存在は下手な異母兄弟よりも重用になってくるはずなのに?

東大寺ミュージアムができて、奈良博に寄託していた仏像などが一斉に帰るのかと思いきや、一部は残っているようです。十二神将も半分は奈良博の展示ケースに並んでいます。
それでなくとも、県内や近隣県で寺社の修復が行われたりすると、一時的に御本尊などが修理や調査を兼ねて、博物館の方に遣って来て一般公開される事も結構あるようです。
収蔵庫の方には、きっとまだまだ、滅多にお目にかかれないような御方が眠っているのだと思います。
しかし、こちらで人気のある御像は、元の御寺に帰っても人気があるのでしょうね……と、やや不謹慎な事を(^_^;)

それでもこれから度々、マム様のブログにも伺わせていただくと思いますので、またよろしくお願い申し上げますm(__)m

No Title

こんばんわ、はじめまして。
賀茂史女と申します。
URLは控えますが、CSV形式で東大寺要録を配布してくださっているサイトさんがありますので、検索で簡単に見つけられるかと思います。
ご存知でしたらいらぬおせっかいとは思いましたが、お耳汚しにご報告まで申し上げます。

ありがとうございますm(__)m

賀茂史女様、返事が遅れまして申し訳ありません。
私もネット上でダウンロードした漢文のみのテキストでしたら、10年も前からハードディスクの中に入っているのですが、何せそちらの勉強をまったくしておりませんので、読み下そうは愚か、概要でも調べようという気のない、虚け者状況ですσ(^◇^;)
何せ要録は内容にも時代にも幅がありすぎて、必要な箇所を探すだけで一苦労……これも偏に無教養のなせる業(-_-;)
現代語訳はある意味、使いにくいので、読み下し文が欲しい……

大変失礼しましたm(__)m。

読み下し文ですか。
当方は出版されたものが存在するのかどうかも知らない状態で口をはさんでしまいました。
申し訳ありませんでした。
以前から時折拝読させていただいております。
どのエントリも興味深く、楽しみにしています。
また寄せていただきましたらよろしくお願いします。
おまえは誰か
HN:
うめぞー
性別:
非公開
自己紹介:
明日は歴史作家!

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

お天気情報

-天気予報コム-

最新コメント
[02/06 賀茂史女]
[02/05 うめぞー]
[02/02 賀茂史女]
[01/30 うめぞー]
[01/30 マム]

ブログ内検索

メールフォームです
今日の参考に

Copyright ©  -- うめぞー、思案中 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ