忍者ブログ

うめぞー、思案中

明日は歴史作家「うめぞー、執筆の合間に思案中」

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

かなり小さな神社です。この神社のある場所としましては、御所市の葛城山ロープウェイの駅から二キロ足らずの辺りになります。
櫛羅口』のバス停から少し東、かなり細い道の途中にあるのですが、大昔の私の記憶とどうも齟齬がありまして、実は道から少々引っ込んでます。
道にすぐ面して、何もないような場所に突然に鳥居が現れたような記憶があるのですが、実際には鳥居は道から見えません。

何せ二十年近く前に、この周辺をひたすら歩き回った時に、偶然寄った場所なので記憶が少々曖昧です。
今回も、この辺りに行ったついでに、地図で見て久々に寄ってみようと思って行ってみたのですが……車を留める所がない(T_T)
かなり離れた道が広くなったところにようやく止めて、わざわざ辺鄙な神社を見に行って来ました。

三本のムクロジの巨樹、遠くからも目立ちます。扁額もない崩れそうな鳥居を入りますと、最初に目に入るのが、この画像にも写っている三本のムクロジの木です。
氏子の方々の立てたらしき神社の説明版や、道脇に立っている道標がなければ、この神社の名前は分からずじまいになるでしょう。
拝殿前に見えている石灯籠にも神社の名前は記されていません。

そして初めてここに行った時から調べても、結局出てこないのが、どうしてこんな場所に崇道天皇(早良親王)を祀る社があるかという理由です。
説明の看板にも、創立の時期も履歴も不詳だと書かれています。

春日造りの本殿です。本殿はどういう訳か、ここも春日造り
私が今までに行った事のある、奈良県内の崇道天皇の神社(御霊神社ではなく)は、記憶にある限りは全部、春日造りです。
まぁ、春日大社のある手前、奈良県内の神社では一番多いと聞いた事があるので、単なる偶然なのかもしれませんけれど。
ちなみに全国的に見た場合は、流造りが最も多いのだそうです。

しかし……またも変な事を言い出すと思われそうですが、この鳥居の内と外で、体感温度がありありと違うのが分かるのですが、これは何故なの(ーー;)
別に日なたと日陰という訳でもないのですが……( -」)φ
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

きのううめぞーと

きのううめぞーと、記憶を説明しなかったよ。
おまえは誰か
HN:
うめぞー
性別:
非公開
自己紹介:
明日は歴史作家!

カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

お天気情報

-天気予報コム-

最新コメント
[02/06 賀茂史女]
[02/05 うめぞー]
[02/02 賀茂史女]
[01/30 うめぞー]
[01/30 マム]

ブログ内検索

メールフォームです
今日の参考に

Copyright ©  -- うめぞー、思案中 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ