忍者ブログ

うめぞー、思案中

明日は歴史作家「うめぞー、執筆の合間に思案中」

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

久々に平城宮跡に行って来ました。
遷都1300年祭の会場でNHKの『やまとの国宝』のトークショーとライブをやると聞いたので、そちらを聞きに言ったついでに、今日から平城宮資料館で行われる特別展示を見て来ました。

こいつが一番有名な北宮木簡天平びとの声をきく―地下の正倉院・平城宮木簡のすべて
このようなタイトルで、平城宮発掘50年間で出土した主要な木簡を約100点ずつ、途中で二回の展示替えをするそうで、全部で300点余を展示するのだそうです。

木簡は読めさえすれば、かなり面白い第一級史料です。
ところがこれが、度素人には分からない……だって、漢字ばっかり(+_+)
それも旧字体どころか、妙な略字体もあるし、書き損じはあるし、何よりも完全に残っているとは限らないし……と言うか、完全な物の方が少ないです(;_;)

この画像はかの有名な
長屋親王宮鮑大贄十編』と書かれた荷札の木簡です。
この頃、長屋王はまだ式部卿、左大臣になるよりもかなり前のようです。
まあ、こういう扱いを受けてるから、最高実力者(何度も言いますが、臣下ではありませんぜ)から睨まれる訳なのよ……の根拠(?)にもなったセンセーショナルな発見ですねσ(^◇^;)

誰の似顔絵でしょう……σ(^◇^;)文字ばかりだと思ったら大間違い。
時々、こういういたずら書き的なヴィジュアル史料も出てきます。
官人にも絵心のある人がいたのか、それとも専業の絵師が片手間に描いたのか、無茶苦茶、味がありますわ ^m^
二条大路木簡ですから、皇后宮職藤原京家に使えていた人が描いたのでしょうねぇ。
右端の人みたいに、幞頭(ぼくとう・頭にかぶってるやつね)の紐を長く垂らすのとか、この頃、流行ってたんですかねぇ?
この人が向かい合っているのは女性かな??

ところで最後の部屋に、最近出土した木簡を読んでみて下さいと、綺麗な楷書で書かれた木簡片が、二枚ほど水に漬けて置かれていたのですが……
これ、クイズになっていたので詳しい内容は書けませんが、片方には日付(年は不明)と官位と名前の一部が書かれているんですね。
この名前(名字です)が私の思う読みで良いのなら、この階位まで上った該当者が一人しかいないんですよ、少なくとも『続日本紀』に出てくる名前では。
これがまた、超有名人でして……やっぱり、私の読み方、間違ってるか???
それにこの人だとしたら、この役職は記録に書かれてないからなぁ……(?_?)

第二期の展示は10月13日から、面白そうなので、また見に行く予定です(*^_^*)
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

片手間ってなに?

片手間ってなに?
おまえは誰か
HN:
うめぞー
性別:
非公開
自己紹介:
明日は歴史作家!

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お天気情報

-天気予報コム-

最新コメント
[02/06 賀茂史女]
[02/05 うめぞー]
[02/02 賀茂史女]
[01/30 うめぞー]
[01/30 マム]

ブログ内検索

メールフォームです
今日の参考に

Copyright ©  -- うめぞー、思案中 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ