忍者ブログ

うめぞー、思案中

明日は歴史作家「うめぞー、執筆の合間に思案中」

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

水没、八嶋陵前古墳崇道天皇八嶋御陵

朝からまたも本薬師寺でホテイアオイを眺めた後、昼前から車を転がして東に向かい、桜井市谷の交差点から北上し、更に奈良市に入ってもう一度東に行き、道なりに北上した後に着いた所はこちら、宮内庁の指定する『崇道天皇八嶋陵』です。

御陵の前の横穴式石室は水没しており、前池は水が満水状況でした。
今日も杉の梢でハシボソガラスが、ツクツクホウシとコオロギが諸所で一緒に鳴いておりました。
お彼岸は蝶に良く出会いますが、ここでもモンキチョウが番で飛び回り、ノシメトンボやスズメバチもいつものように飛び交っていました。

春日宮天皇田原西陵ここが私の遥拝所です。

八島町まで来てしまったら、矢田原町は大して遠くはありません。
嶋田神社を経由して再び県道188号線に戻り北上、東紀寺の交差点を右折して80号線をひたすら上りますと、県のヘリポートを過ぎて下り始めた道の先にここはあります。

背後の山は親王山、この名前はこの墓所の主からつけられたのでしょうか、『春日宮天皇陵』の主は志貴親王です。
江戸時代に切り開かれたと聞く切通しの参道では、ハンミョウやらホタルガ、ノシメトンボやアキアカネ、スズメバチが出迎えてくれます。
周辺の田んぼは既に刈取りも終わり、周囲の茶畑では今日も風車が回って、山では最後のツクツクホウシが鳴いていました。

光仁天皇田原東陵ノシメトンボ















奈良名張線(県道80号線)を東に向けて走れば日笠町光仁天皇田原東陵があります。

最近に宮内庁の書陵部で草刈をしてくれたようで、墳丘周囲の道はひどくサッパリとして、歩くたびにバッタやらカエルがあちらこちらに飛び跳ねて行く始末。
どうやらこいつらを狙っていたらしい中鷺と青鷺が、私の姿を見て飛び去って行きました。
周囲の山ではまだミンミンゼミが鳴いておりました……橿原辺りではセミの声はパッタリなのに。
ここのトンボはフレンドリーなのに、日本ミツバチには終始からまれておりました……本当に、こういうところに来ると昆虫類や鳥類が、妙に人間に干渉するんですよね、良く分からないけど(゜.゜)

さて、ここから大柳生にでも抜けようかと思ったのですが、すぐ近くだからと太安麻呂墓に行ってしまいまして、これで続きは、墓参という古墳巡りになるのでした……続きは次回?(゚_。)?(。_゚)?

それにしても途中から、ここじゃなくて宇智(五條市)に行くべきなんじゃないのかと思えてきました。
近い内に、宇智陵と五條市の御霊神社を片っ端から訪問に行こうかなぁ…… 
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
おまえは誰か
HN:
うめぞー
性別:
非公開
自己紹介:
明日は歴史作家!

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

お天気情報

-天気予報コム-

最新コメント
[02/06 賀茂史女]
[02/05 うめぞー]
[02/02 賀茂史女]
[01/30 うめぞー]
[01/30 マム]

ブログ内検索

メールフォームです
今日の参考に

Copyright ©  -- うめぞー、思案中 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ