忍者ブログ

うめぞー、思案中

明日は歴史作家「うめぞー、執筆の合間に思案中」

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

近鉄奈良駅の上から見た若草山々焼き本当ならば寒いを理由に、今日は若草山の山焼きに行く気はなかったのですが、午後になってやはり気が変わりました。
今年は土日、全然家にいないなぁ(・_・)
それでもやはり寒かったので、近鉄奈良駅にある『奈良なら館』で眺めておりました。
暖かいし特等席ですわね。

それはさて置き、出かけるまでの間、次に書く話を具体的に考えるために、この前書いた話を読み返しておりました。
10月末に締め切りだった方ですが、こいつと大昔に書いた
志貴皇子の一人称語りの話を比べてみますと、主人公と中大兄皇子の関係は、志貴皇子と草壁皇子の関係に少し似ているような、全く似ていないような。
もし今回、
百済王真鳥の語りで、この二人を眺めるとなると、何となく妙な予感がしないでも……

帰りの電車の中で半分居眠りをしながら考えていたのですが、真鳥は
百済の変周留城陥落の事も覚えている年齢で、その義父は双方を知っている人なんですよね。
二十数年の後、忘れたはずの故国を嫌でも思い出させる事件が身近で起きるとなると……どこまでこいつを掘り下げようか。
彼らの脳裏には、新羅と唐の双方より支配されようとする故国と、それらの国がそのために掲げようとした二人の旧王族の記憶が、当然ながら呼び起こされるはずです。
う~~~ん……こいつこそ、どう書けばよいのだろうと悩んでいる話なんですわ。
真鳥は二人をどう思っているんだろう、特に新羅に掲げられた方の人物を……

三国史記』が百済再興戦争の後の百済での事を殆ど書いていない事、『日本書紀』もこの後長く、百済や新羅との関わりを断ってしまった様に書かれている事が、こういう大それた妄想を差し挟む余地をくれるんですよね。
いずれにしても、そろそろ書き始めてみなければ落ち着きませんわ(-_-)
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
おまえは誰か
HN:
うめぞー
性別:
非公開
自己紹介:
明日は歴史作家!

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

お天気情報

-天気予報コム-

最新コメント
[02/06 賀茂史女]
[02/05 うめぞー]
[02/02 賀茂史女]
[01/30 うめぞー]
[01/30 マム]

ブログ内検索

メールフォームです
今日の参考に

Copyright ©  -- うめぞー、思案中 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ