忍者ブログ

うめぞー、思案中

明日は歴史作家「うめぞー、執筆の合間に思案中」

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

何を一人で納得しているのかと申しますと、一年以上前に書いた記事の内容です。
それは→http://umena.blog.shinobi.jp/Entry/416/

この文書に出て来る人物は二名、一人は親王禅師、もう一人は藤原朝臣縄麻呂です。
そして日付は、宝亀十年十二月六日、これがどういう日なのかと申しますと、藤原縄麻呂が亡くなる一週間前です。
つまり、親王禅師は中納言の縄麻呂のために、東大寺に治療に用いるための四両請求している訳です。
文書の勉強なんてした事ないから、こんな簡単な事も分らないんですね、我ながら(-_-;)

それはさて置き、縄麻呂の病気の事は東大寺にいても分かるでしょうが、廟堂に居れば嫌でも知れる事でしょう。
要するに私の都合の良い解釈では、東大寺に居るよりも、中宮院でも東宮院でも西宮院でも良いのですが、宮中のどこかに置かれた内道場に居た方が、これらの情報をいち早くつかむ事が出来たという流れになります。

この頃、たとえ還俗していなくても東大寺は出ていた、この解釈は出来そうです。
そういう訳で、権別当の実忠和上は、既に東大寺に居ない親王禅師にわざわざ、様々な決定をする時に同意を求めたのかもしれません。

ところでこの時、良弁は既に遷化しているから、二代目の別当は誰なんだ?
良興で良いのかな?
これって『東大寺要録』に載ってるのかしら……テキストないからなぁ(T_T)

……にしても眠い、明日も仕事だから、さっさと寝るべしや。

PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
おまえは誰か
HN:
うめぞー
性別:
非公開
自己紹介:
明日は歴史作家!

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お天気情報

-天気予報コム-

最新コメント
[02/06 賀茂史女]
[02/05 うめぞー]
[02/02 賀茂史女]
[01/30 うめぞー]
[01/30 マム]

ブログ内検索

メールフォームです
今日の参考に

Copyright ©  -- うめぞー、思案中 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ