忍者ブログ

うめぞー、思案中

明日は歴史作家「うめぞー、執筆の合間に思案中」

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日も内容と関係なく、カフェことだまのケーキセット(^^ゞ
藤原雄田麻呂が百川と改名したのは、恐らく光仁朝の始めの頃だと考えられています。
一昨日から書き直しを始めている話でも、初っ端から山部親王が「雄田麻呂」と呼びかけて、「百川です」と答える詰まらないシーンがあります。
これをこの一家が、いちいち繰り返してくれるという、更にどうでも良いような場面もあったりします。

何やら、奈良時代の後期には、名前を変える事でも流行ったのでしょうか?
皇族が賜姓されて名前が変わるのも多いのですが、藤原仲麻呂が藤原恵美押勝になり、藤原八束が真楯になり、千尋が御楯になり、宿奈麻呂が良継になり、文室智努が浄三になり……他にも例があるはずなのですが、あまり思い出せませんσ(^◇^;)

随分以前から疑問に思っていたのですが、この頃って幼名は平安時代ほど普通にあったのでしょうか?
推古天皇の幼名を額田部皇女といったと、日本書紀に書かれていたと思うのですが、いつ名前が変わって、何と呼ばれたものなのでしょう?
炊屋姫皇女?
しかしこの女帝のおくりなは豊御食炊屋姫天皇ですから、果たしてそれで正しいのやら……?

さっさと書き進めればよいものを、どうもこういう事に常々引っかかって、手が止まってしまうのが良くない傾向のような気が致します(~_~;)
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
おまえは誰か
HN:
うめぞー
性別:
非公開
自己紹介:
明日は歴史作家!

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

お天気情報

-天気予報コム-

最新コメント
[02/06 賀茂史女]
[02/05 うめぞー]
[02/02 賀茂史女]
[01/30 うめぞー]
[01/30 マム]

ブログ内検索

メールフォームです
今日の参考に

Copyright ©  -- うめぞー、思案中 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ