忍者ブログ

うめぞー、思案中

明日は歴史作家「うめぞー、執筆の合間に思案中」

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

とり合えず藤原恵美朝猟による多賀城の改築は良いから、宝亀十一年三月の伊治砦麻呂による多賀城の焼き討ちの方に、目を向けなければならないんですよね。
朝猟が改修をした多賀城は、四方の築地に四脚門や長屋などを設けていたようで、まぁ多分、親父殿の唐風かぶれを反映したような物だったらしいです。
この築地や門が焼け落ちるのが、件の反乱に因るのだそうですが、構造上、攻め易かったのかもしれません。
この辺を本日、電車での移動中にボケラ~ッと考えておりました。
超タカ派(の予定)の早良親王が、応急の方針として多賀城再建に当たっては、旧来通りの最低限のサイズで門を構えるべきの云々と、既に摂政の宮となっている皇太子(つまりは同母兄)に提言しているようなシーンを何となく想像していたのですが……
この場に主人公っていられるの?
こいつが侍従になるのはもう少し先じゃなかったか??

猿沢池にて本当に今更ながら、こいつを主人公に選ぶと話が進め難いの何の……(T_T)
でも数年前には、この辺の話の主役はこいつに決まってたんだよね。
おまけに、当初から早良皇太子と仲が悪いのに、どうして最後にはああなるのか、全く作者として整理がついてないのですから……ってのか、藤原種継とも不仲なのよね(~_~;)
誰か仲良しの相手を設定しないといけませんわ、粟生江内親王以外に(/_;)
えっ、大伴家持の息子??(?_?)??
多分、一回り以上は年上だし、う~~ん、辛気臭そうなキャラクターになりそう……
藤原永手の息子……とも、気が合いそうに無いような(ーー;)
ところで、こいつ呼ばわりされている主人公って誰?σ(^◇^;) ?

蛇足ながら、上の画像は猿沢池に浮かんでいた龍頭鷁首の船、天気が良ければ池の遊覧をするはずなのですが(多分、次の日曜日まで実施)
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
おまえは誰か
HN:
うめぞー
性別:
非公開
自己紹介:
明日は歴史作家!

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お天気情報

-天気予報コム-

最新コメント
[02/06 賀茂史女]
[02/05 うめぞー]
[02/02 賀茂史女]
[01/30 うめぞー]
[01/30 マム]

ブログ内検索

メールフォームです
今日の参考に

Copyright ©  -- うめぞー、思案中 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ