忍者ブログ

うめぞー、思案中

明日は歴史作家「うめぞー、執筆の合間に思案中」

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お洒落な赤いヨダレカケマメな氏子さんの多い神社の狛犬さんは、こうやってヨダレカケをしたり、注連縄のネックレスをしている子が多いのかもしれません。

昨日に引き続き『奈良豆比古神社』ですが、こちらには三対の狛犬がいます。
三つの社の前にもそれぞれいるようですので、それまで含めれば六対になるのでしょうけれど、取り敢えずは自由に観察できるところにある物という訳で。

この子犬のような狛犬は、並んだ三つの社の前に鎮座しています。
高さは40センチ程度しかないので、マメ柴犬くらいでしょうか。

子犬プロポーションです。本当に子犬が座っているという感じです。
境内におられた氏子の方らしき男性の言う事では、他の二対よりも古い物なのだそうですが、制作の日付は見当たりません。
他の物は昭和と明治の制作なので、これは江戸時代の作でしょうか。

しかし台座の横には「施主 辰巳屋嘉七」という名前が見えます。
こちらの宮司さんは辰巳さんといわれるらしいので、もしかしたら親戚筋の方かもしれません。

とってもご機嫌そうな顔です。『阿』形の顔をアップにして見ますと、このようにご機嫌そうに笑っています。
この子も巻き毛のあるフサフサ尻尾の浪花型という種類らしいです。







PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

観察って…なんだ

観察って…なんだろう…?

無題

表情豊かな狛犬さんですネ。
九州ではあまり見かけない顔ですネ。

子犬でしょうか?

komaQ様、こんばんはm(__)m
ブログ、いつも拝見してます。
たまにはコメントと思いつつ、全然してませんで申し訳ないです(・.・;)

この狛犬さんの顔って、奈良町の御霊神社の歯をむき出して笑っている狛犬の子犬時代って感じです。
丸っこい目といい、横に広がった鼻といい、垂れた耳の洋犬顔といい。

他の二対の内、明治に造られた方は良く見かけるタイプなのですが、昭和の方はこの辺では珍しい子のような気がします。
これらもまた、機会を見てこちらにあげようかと思っています。
おまえは誰か
HN:
うめぞー
性別:
非公開
自己紹介:
明日は歴史作家!

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お天気情報

-天気予報コム-

最新コメント
[02/06 賀茂史女]
[02/05 うめぞー]
[02/02 賀茂史女]
[01/30 うめぞー]
[01/30 マム]

ブログ内検索

メールフォームです
今日の参考に

Copyright ©  -- うめぞー、思案中 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ