忍者ブログ

うめぞー、思案中

明日は歴史作家「うめぞー、執筆の合間に思案中」

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

毎年秋に行なわれる、明日香村の劇団『時空』の本公演が、今年も『飛鳥光の回廊』のハイライト行事として、9月15日の晩に行なわれました。
しかし今年は、台風18号の接近で朝からの雨、『光の回廊』は中止になりましたが、公演の方は警報が出ない限りは行なうと聞いておりました。

 午後からの土砂降り、本当に行なうのかと石舞台古墳公園に行って見ますと、夕方に向けて準備中との事でしたので、差し入れを持って17時半くらいに出かけました。
こちらの“風舞台”には屋根があるから多少は大丈夫と思いきや、奥の1/3程度しか庇がかかっておらず、役者の立ち居地は完全にオープンスペースも良いところです。

一度は小降りになったものの、いざ芝居が始まったら再び本降り……観客側にはテントが用意されていたので、早めに来た人たちは濡れずに観劇が出来たのですが、役者さんたちはずっとびしょ濡れでした。
しかし、降雨を感じさせない熱演は見事なものです。

今年は台本が遅れ気味で、準備も練習も、かなり押してしまったと聞きましたが、それをカバーするだけの団員の熱意や努力には、本当に頭が下がります。
美術や衣装も毎年、趣向を凝らしていて、こちらも見どころになっています。
今年の物語は飛鳥寺建立が背景になっているので、主人公が関わる瓦だけではなく、丈六の仏像も舞台に上がっていたのには驚きました。
飛鳥寺の御本尊のみではなく、善信尼(日本で初めて出家された尼僧です)の精舎の半跏像(二枚目の画像参照)までも……とにかく、どちらもクオリティ高いんです。

この画像の仏様を御覧下さい、飛鳥寺のご本尊です。
役者さんと比較しても大きな物ですが、これを手造りしてしまう美術スタッフには毎年、びっくりさせて頂いていますσ(^◇^;)
本公演を毎年楽しみにしているという地元の方も多く、朝からの土砂降りもものともせずに見に来てくれる姿を見ていると、地元に密着して支持されているのだなと、その一人としても嬉しく思えました。

それにしても勿体無かったのは天気……・゚・(ノД`;)・゚・
『光の回廊』が中止になったので、公演も中止と思ってしまった人も少なからずいるようで、どこか分かりやすい所で行ないますと表記して欲しかったです。
日中に『光の回廊』のオフィシャルサイトを見た時も、時空の公演は行ないますとは、一言も書いてなかったからなぁ……
団員さんが個人でやっているフェイスブックには書かれていたらしいのですが、やはり公共のページで教えて欲しいですね。
上演したのなら見たかったという人も、絶対に大勢いたはず……(T_T)
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
おまえは誰か
HN:
うめぞー
性別:
非公開
自己紹介:
明日は歴史作家!

カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お天気情報

-天気予報コム-

最新コメント
[02/06 賀茂史女]
[02/05 うめぞー]
[02/02 賀茂史女]
[01/30 うめぞー]
[01/30 マム]

ブログ内検索

メールフォームです
今日の参考に

Copyright ©  -- うめぞー、思案中 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ