忍者ブログ

うめぞー、思案中

明日は歴史作家「うめぞー、執筆の合間に思案中」

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

博物館エントランスにて昨日より奈良国立博物館で『正倉院展』が始まっています。
天皇陛下の御即位二十年ということで、今年はいつもよりも三日長いのだそうです。
それでも後半になると混雑するというセオリーに基づき(?)早々に行って参りました(^^ゞ
午前中もやや遅めに出かけ、博物館に着いたのは12時少し過ぎでしたが、入り口の表示に寄れば待ち時間0分、それでも入り口には少し列が出来ておりました。
並んだ途端、列はさっさと進みだして、5分もしない内に入る事ができました。
以前に一番並んだ時は50分くらいでしたか、これなら並ぶ内にも入らないでしょうかね。
そういえば昨年も並ばずに入場できましたっけ。

参考までに言いますと、画像のエントランスに掲げられた『奈良国立博物館』の文字は、聖武天皇の親筆『雑集』から拾い出して組み合わせたものだそうです。

会場内も混雑していると言えば混雑してますが、人の頭越しに何とか展示物を見るとか、全然進まない列に入ってイライラしている状況には程遠い、それなりにケースに張り付いて、立ち止まって見る事は出来ました。
ただねぇー……照明の具合がチョッと難ありなのよ、展示物によっては。
独立ケースのどこに回っても、天井のスポットが映り込んだり、逆に陰が出来たりして墨書の文字などが読めないものが有ったりするんですよね。
いくら文字の部分だけパネル写真で示してくれても、実際に見える位置にその墨書が有るんですから、見えないとなるとやっぱり不満に思えるんですよね(-"-)

ところで最後の方に恒例の文書類が展示されていまして、そこに『山背国愛宕郡出雲郷計帳』という文書が出ておりました。
それぞれの家の家族構成を申告して、どれだけの税を納めるかを記した文書なのですが、ここに見える大部分の人は出雲臣を名乗る人です(何せ出雲郷ですから(^_^;))
ところが一部に白髪部で見える名前があるんですね。
この時代は子供は父親の氏を名乗りますが、既婚女性でも本来の氏を名乗っています。
多分、婚姻によって出雲臣の家に入った人なのでしょう。
やはり山背国には白髪部の人々はいる訳か……まぁ、大した事では有りませんが(-_-)
後で図録で確かめようなんて思ったのが甘かった……この部分、載っておりませなんだ。
まぁ良いか、何処かのデータベースにでもあるでしょうから、と言っても本気で調べる気があるのかどうなのか、我ながら疑問なんですが(-_-;)
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
おまえは誰か
HN:
うめぞー
性別:
非公開
自己紹介:
明日は歴史作家!

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

お天気情報

-天気予報コム-

最新コメント
[02/06 賀茂史女]
[02/05 うめぞー]
[02/02 賀茂史女]
[01/30 うめぞー]
[01/30 マム]

ブログ内検索

メールフォームです
今日の参考に

Copyright ©  -- うめぞー、思案中 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ