忍者ブログ

うめぞー、思案中

明日は歴史作家「うめぞー、執筆の合間に思案中」

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

その辺で地味~ぃに盛り上がってもいない、朝日新聞社の『週刊 マンガ日本史』とやら。
天邪鬼うめぞーには、購入意欲が殆ど湧かない歴史上人物と漫画家さんのラインナップによって、書店の店頭で見かけても手に取る事はついぞありませなんだ。
職場の同僚が三冊まとめて持って来てくれたので、眺めておりました。

持ってきてくれた同僚は、本の作り方自体にかなり呆れていたみたいです。
メインになる漫画を監修したのは、やたら前面に出てきている先生の方でしょう、恐らくは。
それなのに“目からウロコ”云々として、それをわざわざ否定するような説を紹介して、俺って物知りなんだぞとひけらかさんばかりの物言いが、とにかくムカつくのだそうです。
そう言われてみると、私もそれは決して否定いたしません。
もう少し、ひねりのある物の書き方って出来ないのでしょうかねぇ……私にとっちゃ、“別に受けたくもない授業”な先生ですわね、この三冊の解説を眺める限りじゃ(--〆)
更にいえば同僚は、三冊目はクソメソにマンガの絵もストーリーも評価しておりました。
確かに今の若い人に好まれる絵ではありませんね……(-_-;)

あの180円の内容は取り付く島もありませんわね、むしろ私としては(@_@;)
魏志倭人伝の内容の何を書きたいの、この人(原案はどっち?漫画家?監修者?)
“女王あり”?  “鬼道につかへ”? 男弟あり”?
それとも“倭国大いに乱る”?
そもそもこの年齢不詳の女王は魏という国にどう介入してるの?
もらった鏡を眺めてそれで終わり?
そんな程度で魏志なんぞに載っているの?
あの面白くも無い姉弟の馴れ合いに大袈裟ページ割いてないで、もう少し具体的な拠点集落(?)の首長としての姿を考えられないの……ε-( ̄ヘ ̄)┌

全体を眺めた印象では、監修者は大和説に傾向しているみたいですね。
しかし三世紀の大和には、さて……大乱の痕跡なんて無いぞσ(^◇^;)
唐古・鍵遺跡の五重にもおよぶ環濠が埋まった後の事なんですよね、この女王がもしいたとしても。
マキムク遺跡の現在分かっている様子から、さて、大乱なんて想定できるのかしらねぇ……
周辺との交流は遺物から、かなり想定は出来るのだそうですけどね。
だから、あのマンガの内容と、監修者の意見は一致してないのよ。
……そうね、これが彼女がムカつく理由なのね((+_+))

ああ、でも監修者って高校の先生なのね。
つまりこの雑誌のターゲットは高校生以下なのかな。
だから入門編として、こんなところで構わないのかしらねぇ。
ある程度突っ込んで眺めようとする私が、間違っているのでしょうね、だって、朝日新聞社だし?????
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
おまえは誰か
HN:
うめぞー
性別:
非公開
自己紹介:
明日は歴史作家!

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

お天気情報

-天気予報コム-

最新コメント
[02/06 賀茂史女]
[02/05 うめぞー]
[02/02 賀茂史女]
[01/30 うめぞー]
[01/30 マム]

ブログ内検索

メールフォームです
今日の参考に

Copyright ©  -- うめぞー、思案中 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ