忍者ブログ

うめぞー、思案中

明日は歴史作家「うめぞー、執筆の合間に思案中」

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

春日大社の御巫さん本日の意味無しの画像は、春日大社の講座で社伝神楽を奉納してくださいました御巫(みかんこ)さんです。

さて、今日も備忘録的な戯言ででも……
先日の戯言で、和気王の謀反が発覚した頃、新田部親王家は全滅に等しい云々と書きましたが、確かに親王の息子の孫王らは、既に故人かもしれませんが、その次の世代に伏兵(?)がいる事を忘れておりました。
それが誰かと申しますと、不破内親王の子供達です。
その父親は塩焼王ですから、新田部親王家の三世王です。

神護景雲三年五月に起きた巫蟲事件に伴って、氷上志計志麻呂(ひかみのしけしまろ)という名前が出てきます。
この御仁を皇位に就けようと、内親王や女官らが事件を起こした事が発覚し、内親王は都の外に追放、息子は土佐国に流されます。

この事件によって母親の不破内親王が、厨真人厨女(くりやのまひとくりやめ)などという変な名前に変えられているので、息子もやはり流罪になるに当たって、お間抜けな名前に変わっている可能性を指摘されていまして、本名は別にあるのだろうと考えられています。

そして次に出て来るのは、延暦元年閏正月、氷上川継(ひかみのかわつぐ)がやはり謀反を図ったという罪状で伊豆国三嶋に流罪になります。
この三嶋、伊豆国府の有った場所(静岡県三島市)ではなさそうで、現在の東京都大島郡、つまり伊豆諸島のどこかだろうと言われています。
確かに地元の伝承には、源頼朝や弘法大師はあちこちに出没してますが、都から流されて来た皇子の類は記憶にありません……って、私が知らないだけかσ(^◇^;)郷土史に疎いヤツ(ーー;)

しかし、氷上川継の変という事件も、事前にほぼ計画が漏れていたようで、完全に手の上で踊らされているというか、かなりお粗末な書かれ方をしています。

そして前述の志計志麻呂と川継は、同一人物かもしれないし兄弟かもしれないと、研究者の意見も分かれているところです。
それにしても、どちらの事件も主導権を握っているのは、息子よりも母親と思えるのは何故(?_?)

そういえば、この事件の後、不破内親王は娘と伴に淡路島に流されていますが、ここって、この当時の皇族の流刑地なんですかねぇ……


ところで 佐野美術館の秋の特別展は『小村雪岱』ですか。
まあ、この人の美術館は京都にあるから、無理して行かなくても良いけど、この辺で一度、実家の方に帰ろうかな……で、函南にも仏像見に行く?(゚_。)?(。_゚)?
富士川のサービスエリアのプラネタリウムも行きたい、メガスターだよ!!

PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
おまえは誰か
HN:
うめぞー
性別:
非公開
自己紹介:
明日は歴史作家!

カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お天気情報

-天気予報コム-

最新コメント
[02/06 賀茂史女]
[02/05 うめぞー]
[02/02 賀茂史女]
[01/30 うめぞー]
[01/30 マム]

ブログ内検索

メールフォームです
今日の参考に

Copyright ©  -- うめぞー、思案中 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ