忍者ブログ

うめぞー、思案中

明日は歴史作家「うめぞー、執筆の合間に思案中」

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日から本家の管理画面にどうしてもログインできないので、こちらに相変わらず書きます。

ここ何日か、天平神護から宝亀年間の始めにかけてを眺めております。
この壱志濃王(いちしののみこ)は、この頃殆んど出てきませんが、神護景雲元年に従五位下になっているので、後の経歴から考えると、治部省辺りの中間管理職でもしているのかもしれません。
なにせこの御仁、若い頃から何度も要人の弔問使に派遣されたり、皇族の喪事の監護をしているんです。
例えば、坂合部内親王(光仁天皇異母姉)、稗田親王(光仁天皇親王)、高野朝臣新笠(光仁天皇夫人・桓武天皇生母)、藤原朝臣乙牟漏(桓武天皇皇后)など。

そして治部卿になり、参議になり、大納言にまで上るのですが、若い頃の出世のスピードは少々遅いのではと思うくらいです。
最初の叙位(三世王なので従五位下)が35歳の時です。
宝亀元年、叔父の白壁王の即位に伴い、父親の湯原王が親王となり、この御仁も二世王扱いとなり、決まりに寄れば従四位下に叙位されることになります。
従兄弟たちがその年の11月に叙位されているのに、この人だけどういう訳か一年も遅れているんです……

これに関してはいつぞやに、父親と叔父の間の確執が云々と、妄想をひねくりまわしておりましたが……ここから一向に進んでおりませんσ(^◇^;)
そろそろ、次の段階の話を始めて行くとなると、この辺も詰めて行かなくてはなりません。
そしてこの御仁と同世代の連中が、またもや、チョロチョロと高官らの間を走り回る事になりそうです。
……十一歳の皇太子は、やっぱり出る幕ないのか?

PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

きのううめぞーで

きのううめぞーで、管理したよ♪
おまえは誰か
HN:
うめぞー
性別:
非公開
自己紹介:
明日は歴史作家!

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

お天気情報

-天気予報コム-

最新コメント
[02/06 賀茂史女]
[02/05 うめぞー]
[02/02 賀茂史女]
[01/30 うめぞー]
[01/30 マム]

ブログ内検索

メールフォームです
今日の参考に

Copyright ©  -- うめぞー、思案中 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ