忍者ブログ

うめぞー、思案中

明日は歴史作家「うめぞー、執筆の合間に思案中」

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

何処も同じ陵墓の正面……向日丘陵には100年余りの間、100メートル級の古墳がいくつも造成されたそうです。
元稲荷古墳から北の方に歩いて行きますと、いくつもの古墳を見ることが出来ます。

もしかしたら、こいつもその内の一つではと思われるのが、宮内庁指定の『高畠御陵』、直径65メートルの円墳だそうです。
看板には『桓武天皇皇后 天之高藤廣宗照姫之尊 高畠陵』とあります。
この女性の名前は藤原朝臣乙牟漏(ふじわらのあそみおとむろ)、式家の良継の娘です。
皇后となったのは延暦二年の四月、面白い事に叔父で右大臣の田麻呂が亡くなった一月後の事です。
もしかしてこの堅物そうな叔父は、最後まで姪の皇后就任に反対していたのかもしれません。
そして亡くなったのは延暦九年、三十一歳の若さでした。

かなりこじんまりとあります……ここから物集女車塚(もずめくるまづか)古墳を経て、郵便局の次の角を左に入ると、住宅街の中にこんもりとした森が見えます。
これが『淳和天皇火葬塚』、丸塚山古墳です。
周囲に家が建て込んでしまっているので、何処から入ればよいものやら……

私はこの辺の時代になると全く不勉強でして、物集女の地で荼毘に付された天皇が、どこに葬られたのやら知りません。
いや確か、遺言によって散骨されたと、何かに書いてあったような気が致します。
ともあれ、この場所は宮内庁の陵墓扱いになっているようです。
淳和天皇は嵯峨天皇の異母弟に当たる御方です。

車塚と呼ばれる理由は?さて『物集女車塚古墳』ですが、江戸時代の陵墓調査の時、ここが淳和天皇の御陵ではないかとされたのですが、後に別の場所が選定されたため、こちらは天皇の霊柩車を埋めた塚だろうという伝承が生まれたそうです。
大きさの割には高さがあるので、墳丘の斜面は30度近くあります。
後円部には横穴式石室があり、二上山から切り出した凝灰岩で作られた組み合わせ式の家型石棺が納められています。
時代は六世紀の後半、継体天皇を迎えた乙訓(弟国)の地の王は、北陸勢力とも関係が深かったのではないかと推測されています。
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
おまえは誰か
HN:
うめぞー
性別:
非公開
自己紹介:
明日は歴史作家!

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

お天気情報

-天気予報コム-

最新コメント
[02/06 賀茂史女]
[02/05 うめぞー]
[02/02 賀茂史女]
[01/30 うめぞー]
[01/30 マム]

ブログ内検索

メールフォームです
今日の参考に

Copyright ©  -- うめぞー、思案中 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ