忍者ブログ

うめぞー、思案中

明日は歴史作家「うめぞー、執筆の合間に思案中」

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いずこも同じ、宮内庁の看板と鳥居天気が思わしくなかったので、昼前から車で出かける事に致しました。
予定としては、奈良市奈良坂町の『奈良豆比古神社』です。
この神社には三つの社があって、その内の一つの御祭神が志貴親王です。
そういう訳で、久々に挨拶でも行こうという気分になったのでした。

ところが奈良市内に入ってから、NHKFMのトーク番組に聞き入っておりまして、見事に曲がる路地を行過ぎて、奈良坂を下ってしまいましたσ(^◇^;)
そういう訳で、超えちまったついでに黒髪山越えの道に引き返し、『奈保山東陵』に寄って来ました。
いずこも同じ鳥居に柵、宮内庁の看板です。
こちらの御陵に眠っておられるのは、第四十三代 日本根子天津御代豊国成姫天皇です……唐風諡号で言えって?
元明天皇――阿閉天皇です。

そろそろ曇って来ました。この御陵の道を隔てた西側にあるのが、『奈保山西陵』です。
こちらは第四十四代 日本根子高瑞浄足姫天皇こと元正天皇――氷高天皇です。
この御方は、阿閉女帝の娘に当たります、なんて事は今更、説明の必要もありませんね。

この近くに聖武天皇と光明皇后の間に生まれた親王(基親王もしくは某王)の『奈保山墓』もあるはずなのですが、地図に載っておりませんで、前もっても調べていなかったので、今回は行きませなんだ(-_-)

この母娘二代の女帝たちですが、実は御二方とも荼毘にふされています。
特に阿閉女帝は遺勅で、火葬したその場に墓をつくり、諒闇のために仕事を休むような事はするなと命じてます。
ただし、この二つの陵が御二方の御陵である確証はありません。
何せ御陵選定は明治になってから行われた事ですからねぇ……
さて、そろそろ奈良坂に引き返しませんと。
雨もポツリポツリして来ましたし。
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
おまえは誰か
HN:
うめぞー
性別:
非公開
自己紹介:
明日は歴史作家!

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

お天気情報

-天気予報コム-

最新コメント
[02/06 賀茂史女]
[02/05 うめぞー]
[02/02 賀茂史女]
[01/30 うめぞー]
[01/30 マム]

ブログ内検索

メールフォームです
今日の参考に

Copyright ©  -- うめぞー、思案中 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ