忍者ブログ

うめぞー、思案中

明日は歴史作家「うめぞー、執筆の合間に思案中」

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

白毫寺境内の万葉歌碑皇族に挽歌を献上したり、行幸に従って歌を詠んだ人は、さて、やはり宮廷歌人のいうカテゴリーで括られるべきなのでしょうか。
この歌の作者である笠朝臣金村も、そのような括りで扱われる人でしょうか。

何せこの人は『万葉集』にのみ名前の見える人でして、プロフィールがほぼ分かりません。
『万葉集』に残る歌の詞書から、いつどのような行幸に参加したかは多少分かっても、どの司のどの官職にいたのか、『続日本紀』には全く名前が見えないので、五位以下の下級官人と考えられている人です。
同じ笠朝臣で多少とも有名人といえば、笠朝臣麻呂(出家して沙弥満誓)くらいしか思い浮かびません。

 高円の野辺の秋萩 いたづらに咲きか散るらむ 見る人無しに  巻第二-231

この歌碑の歌は、長歌に伴う二首の短歌の一首です。
-霊亀元年歳次乙卯秋九月、志貴親王の薨(かむあが)りましし時の歌一首 短歌を併せたり-
そして -右の歌は、笠朝臣金村の歌集に出づ-
とありまして、この霊亀元年(715年)の挽歌が万葉集に見える金村の最初の歌となっています。

ちなみに長歌とその他の事については、こちらのページを参照して下さい(~_~)
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

献上するの?

献上するの?
おまえは誰か
HN:
うめぞー
性別:
非公開
自己紹介:
明日は歴史作家!

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

お天気情報

-天気予報コム-

最新コメント
[02/06 賀茂史女]
[02/05 うめぞー]
[02/02 賀茂史女]
[01/30 うめぞー]
[01/30 マム]

ブログ内検索

メールフォームです
今日の参考に

Copyright ©  -- うめぞー、思案中 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ