忍者ブログ

うめぞー、思案中

明日は歴史作家「うめぞー、執筆の合間に思案中」

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

予告(?)通り、奈良国立博物館の『春日若宮おん祭の舞楽』を見に行ってきました。
三年前にも同じ催しがありまして、確か昨年にもあったようですが、毎回、楽曲が少し違います。
今年の曲目は、和舞(やまとまい)、蘭陵王(らんりょうおう)、落蹲(らくそん)です。
三年前には写真撮影は出来たのですが、今年はご遠慮下さいとのこと、まぁ、当たり前ですかね。
やはり写真など撮るよりも、集中して見て下さいという事なのでしょうか。

おん祭りの和舞です。和舞は『国風舞(くにふりのうたまい)』に分類されるそうで、舞楽のように海外から曲や舞が入って来たのではなく、日本独自の歌と舞だそうです。

青摺の細布衣(たへのころも)を着、紅の長紐を垂る

このように『続日本紀』は舞人の姿を記しています。

そういう訳で、こいつはかなり昔の『おん祭』の時に写した『和舞』の写真です。
四人の舞人による『諸司舞』ですが、二人しか写ってませんねσ(^◇^;)
それに、ストロボをたいているお陰で、衣の模様が飛んでますね(~_~;)
和舞』に関しては、こちらにも少し書いてありますのでご参照頂ければ幸いです。

蘭陵王』については、今更、解説は不要かな?
三年前の『舞楽始式』でも舞われましたので、画像はそちらをごらん下さい<m(__)m>
そして『落蹲』は、四年前の『舞楽始式』で(・_・)

落蹲』は二人舞ですが、同じ舞を一人で舞いますと『納曽利(なそり)』と呼びます。
ところが四天王寺宮内庁をはじめとした他の楽所では、二人舞が『納曽利』、一人舞が『落蹲』と呼んでいるとのことです。
『枕草子』に 落蹲は二人して膝踏みて舞ひたる とあるそうで、南都楽所が伝統に則っているのだそうです(^.^)

PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
おまえは誰か
HN:
うめぞー
性別:
非公開
自己紹介:
明日は歴史作家!

カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お天気情報

-天気予報コム-

最新コメント
[02/06 賀茂史女]
[02/05 うめぞー]
[02/02 賀茂史女]
[01/30 うめぞー]
[01/30 マム]

ブログ内検索

メールフォームです
今日の参考に

Copyright ©  -- うめぞー、思案中 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ