忍者ブログ

うめぞー、思案中

明日は歴史作家「うめぞー、執筆の合間に思案中」

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

随分前からというかタイトルを聞いた時から、全然期待していなかったNHK の古代史ドラマとやら……ある意味、期待通りでしたかσ(^◇^;)
前編見て、どうして大宰少弐の藤原広嗣が、下道真備と玄昉を除けと言ったのかを納得してしまいました。
結論、一番の悪党は真備だ

おまえなぁ、都を移すべきって、その後に何が待ってるのかわかって言ってるんか?
何を今の今まで、民衆の疲弊がどうのこうのと深刻な顔していて、その後に遷都勧めるって、どういう神経してるんだよ??
だから机上の学問しか学んでいない、帰国子女(?)は使えない……誰か、この頭でっかちに遷都に必要な資金の試算を教えてやってよε-( ̄ヘ ̄)┌
後年、大宰府に追い払われた理由も、右大臣やめたいと言った時にさっさと辞めろと鼻であしらわれた理由も、何となく分かったわ。
更に結論、こいつは計算が出来ない?(゚_。)?(。_゚)?

そういう訳で、こんな悪人に良い子ちゃんの振りをさせようとする、作者の底知れぬ意地悪さと不気味さを感じたうめぞーでした。
それからさぁ……なあ、作者よ、主人公を一番つまらない奴にするって、どうしてなの?
更には、皇族をああも情けない存在に描くって、何か思想的にあるの??
葛城王(橘諸兄)は旧勢力の貴族じゃないよ、この人、三世王でしょ???

それにしてもエピソードの一つ一つがブッ切れなのよね、時代や人物関係を分かっている人には、多少は分かると思うのですが、知らない人にはすごく説明不足なのよね。
これじゃ、ドラマとして視聴者は着いて来てくれないのと違うかしら?
まぁ良いか、私にとっちゃ、異次元の物語みたいだし(*_*(○=(・_・o)

PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
おまえは誰か
HN:
うめぞー
性別:
非公開
自己紹介:
明日は歴史作家!

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

お天気情報

-天気予報コム-

最新コメント
[02/06 賀茂史女]
[02/05 うめぞー]
[02/02 賀茂史女]
[01/30 うめぞー]
[01/30 マム]

ブログ内検索

メールフォームです
今日の参考に

Copyright ©  -- うめぞー、思案中 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ