忍者ブログ

うめぞー、思案中

明日は歴史作家「うめぞー、執筆の合間に思案中」

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

よく時代劇などで、問題を起こして処分された人に対して、「◎◎にあずかりとする」という表現を聞くのですが、これを辞書で引いてみたところ、
『主君の不興をかった者や、容疑者、犯罪人等を特定の人に託して看視させること。特に、中世、近世でいう。』
とありました。

私の書く話は奈良時代よりも以前が圧倒的に多いのに、この言葉が何度か出てきます(~_~;)
例えばうちのスメラミコトの妻子や伯父辺りが、政変や謀叛事件に巻き込まれるのですが、幸いにして生き残ったこの人たちを山背の倭史氏(やまとのふひとうじ)の預(あずかり)とするという具合に設定しております。
う~ん、こういう制度って果たしてこの時代にあったんでしょうかねぇ……

では、謀叛騒ぎに関わって、都から追放された人たちは、具体的な流刑地が示されている場合はともかく、何処に行くべきなんでしょう。
ある程度の身分のある人ならば、乳母とか家人の家が都の外にあれば、そういう所に押し込められるのかしら?
それとも配流所のような所がやはりあったのかしら?
また分からない事が増えてきましたわ(--〆)
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
おまえは誰か
HN:
うめぞー
性別:
非公開
自己紹介:
明日は歴史作家!

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お天気情報

-天気予報コム-

最新コメント
[02/06 賀茂史女]
[02/05 うめぞー]
[02/02 賀茂史女]
[01/30 うめぞー]
[01/30 マム]

ブログ内検索

メールフォームです
今日の参考に

Copyright ©  -- うめぞー、思案中 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ