忍者ブログ

うめぞー、思案中

明日は歴史作家「うめぞー、執筆の合間に思案中」

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本日、花冷え、ほぼ一日、雨が降っています。
それなのにツバメが来ていました。
確かにもう、そういう季節になりましたか。

先月までずっと、白壁王を主人公にして書いていたので、どうもその世代から妄想が抜け出せなくていけません。
そして先日からの妄想は、息子を通り越して孫の世代……これがまた、嫌になるくらい胡散臭い面子ぞろいで嬉しくなって来ます(ーー;)
あ~っ、大伴氏に佐伯氏に紀氏に坂上氏に藤原北家だよ……何か、武官だらけ(ーー;)
全然、妄想が泳ぎ出さないじゃないの。
もう一度、息子の世代に戻ろうかしら。
そうなるとまた、東大寺がクローズアップされてくるかな、部分的に(ーー;)
一度、寺からも坊主からも離れたいんだが……だから宗教政策が大事なの?

それはさて置き、昨日(既に一昨日)に東大寺の勧進所の桜を眺めていて、何となく疑問に思ったのですが、公慶上人のお墓ってどこにあるんだ?
確かこの方は、綱吉や幕府閣僚らに会うために江戸に行っている時に亡くなっているんですよね、記憶が正しければ。
そしてまだ十代の弟子に、後事を託さなければならなくなるのですが、この弟子も有能な方だったらしく、江戸での駆け引きは何とか収まったのかな……う~ん、記憶が曖昧です。

ところで江戸時代には、御大名などでも亡くなった場所に墓が造られると聞いた覚えがあるから、この方の御墓も江戸にあるって事になるのかしら?
それとも僧侶の場合は違うのかな?
この辺り、数年前の奈良博の特別展の図録に、結構詳しく書いてあったわね……で、それはどこにあるんだ?職場か?誰にも貸した覚えないから、家の中にあるのか?
まあ、気が向いたら調べましょうっと。
どういう訳か私は、俊乗坊重源よりも龍松院公慶の方が好きらしいんで(^。^)
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
おまえは誰か
HN:
うめぞー
性別:
非公開
自己紹介:
明日は歴史作家!

カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

お天気情報

-天気予報コム-

最新コメント
[02/06 賀茂史女]
[02/05 うめぞー]
[02/02 賀茂史女]
[01/30 うめぞー]
[01/30 マム]

ブログ内検索

メールフォームです
今日の参考に

Copyright ©  -- うめぞー、思案中 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ