忍者ブログ

うめぞー、思案中

明日は歴史作家「うめぞー、執筆の合間に思案中」

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

紀朝臣益女という女性の名前が始めて見えるのは、天平宝字八(764)年十月の事、無位から従五位下に叙位されるという記事です。
そして最後は天平神護元(765)年八月、和気王の謀叛に連座して、流刑になる途中で殺されるという記事です。
この女性の名前は、当然ながら紀氏の系図には出てきません。
本来の紀朝臣を名乗る人々とは、ほぼ別系統の人だと考えられます。

この女性の名前が出て来る三ヶ月ほど前、紀寺の奴76人を良民にし、その内の12人には紀朝臣までを賜姓するという出来事が見えています。
ここでもう一人名前の見える人物が、紀寺の奴益人あらため紀朝臣益麻呂です。
私はこの二人を単純に兄と妹程度の関係だと考えておりました。

益麻呂という人は、この後に従五位下に叙せられますが、益女よりも少し後の天平神護元年四月の事、そして同年八月には正五位下陰陽頭にまでなってしまいます。
これは益女の連座する和気王の謀叛の後です。
この二人、果たして本当に兄と妹程度の関係で良いのでしょうか……?

そもそも紀寺の奴の良民申請はどういう経緯で持ち上がって来て、誰のどのような意思が強く働く事で承認されたのでしょう。
そして和気王の謀叛に連座する人たちと、この事件の関係はどう捉えるべきなのでしょうか。
更には、同年九月に起きている恵美仲麻呂の謀叛事件には、これがどういう意味を持って関わっている事になるのでしょう。

さて紀益麻呂がこの後どうなるのかと申しますと、宝亀元年七月、従四位下にまで登るのですが、称徳女帝の崩御後の宝亀四年七月、突然に名前を益人に戻し、位階も取り上げられて、田後部を賜姓されるという事態になります。
恐らくそれよりも二年前、宝亀二年の七月に陰陽頭も罷免されているはずです。
この少し前に流刑にされていたらしい淳仁天皇の縁者らも、元の皇族籍に戻されています。

称徳女帝の崩御の後すぐに下野薬師寺に送られた道鏡師に対する処置に比べれば、随分と悠長な処分にも思えるのですが、紀益麻呂という人物もマイナーながら、この辺りを掌握するキーパーソンの一人になる事は、明々白々のようです。
もう少し、周辺の人物と共にさらい直してみませんと……(-_-;)
紀氏となりますと、うちのスメラミコトとの腐れ縁片腕の一人、紀朝臣船守も避けて通れませんわね。
何せこの人、遠戚上はスメラミコトの大叔父ですからσ(^◇^;)
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
おまえは誰か
HN:
うめぞー
性別:
非公開
自己紹介:
明日は歴史作家!

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お天気情報

-天気予報コム-

最新コメント
[02/06 賀茂史女]
[02/05 うめぞー]
[02/02 賀茂史女]
[01/30 うめぞー]
[01/30 マム]

ブログ内検索

メールフォームです
今日の参考に

Copyright ©  -- うめぞー、思案中 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ