忍者ブログ

うめぞー、思案中

明日は歴史作家「うめぞー、執筆の合間に思案中」

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

書き直しを検討中の話を読んでいて、ふと思った事……この女性も、私の意識からいつも飛んでいる(・.・;)

* * * * * * * * * * *

「俺はふと思うのだが、(いまし)の惚れた女、あの百済王(くだらのこにきし)敬福の孫娘」額を押さえたまま、兄は言う。

「明信か……」久々に口にした名前に、自分が動揺しているのに気付く。

「あの娘との邪魔立てをしたのも、もしかしたら内相なのやもしれぬ」

「あれを室にしたのは右大臣の息子だぞ、それにもう、四年も前の事だ」

* * * * * * * * * * *

まあ、この辺りに詳しい方々の意識の内では、この百済王明信という女性が、山部王にとっては一番重要な相手に据えられているようです。
若い頃のうちのスメラミコトと来た日には、掻っ攫われた相手の事を時々ウジウジと思い出しつつも、平気で遊行女婦(うかれめ)の元なんぞに通ってくれます。
嗚呼、これじゃいかんと、作者は紫微内相と図って(?)、早々に嫁取りをさせたのですが、そのお陰か、この女性が意識から飛んでしまっているんですよね……

いや、その割には、中務卿宮と呼ばれるようになってからは、母親のいる東宮院に『中宮職』よろしい部署を勝手に作って(出来るのか、そんな越権行為が???)、自分が中宮大夫よろしく収まって、そこを隠れ蓑に愛人との逢引の場にしている云々……と、藤原百川(雄田麻呂改め)が言っておりました(-_-;)

もしかしてこれらの話って、一種のコメディなんだろうか(?_?)(・・?(?_?)(・・?(?_?)

PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
おまえは誰か
HN:
うめぞー
性別:
非公開
自己紹介:
明日は歴史作家!

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

お天気情報

-天気予報コム-

最新コメント
[02/06 賀茂史女]
[02/05 うめぞー]
[02/02 賀茂史女]
[01/30 うめぞー]
[01/30 マム]

ブログ内検索

メールフォームです
今日の参考に

Copyright ©  -- うめぞー、思案中 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ