忍者ブログ

うめぞー、思案中

明日は歴史作家「うめぞー、執筆の合間に思案中」

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大和高田市弥勒寺にて相変わらず、桓武朝初期の人事を眺めております。
とにかくこれでもかという数の人事改正が行われているような気がするのですが、これも一種のトリックかもしれません。
先日にも書きましたが、この頃から五位の人達が多くなりすぎているのか、それ以上のポストに兼任官が多いためなのか、本来は六位や七位の人達が着くべき官職に、従五位下(上)、外従五位下程度の官人が着けられています。
史料に記されるのは、基本的に五位以上ですから、とにかく五位の人が増えているのは確かなのでしょう。

それにしてもここでよく見える名前があります。
藤原氏は勿論なのですが、紀氏、佐伯氏、石川氏、文室氏って、前朝でも、こうも多かったかしら?
それから真人の姓の人も多いですね。
これは孝謙天皇の頃から、皇孫やその子供らに賜姓して臣下に下ろす傾向が増えているせいでしょうかねぇ?

真人姓の人のみでなく、皇族も割合に多いような気がします。
気のせいかと思ったのですが、やはり桓武天皇は皇族や紀氏(父方の祖母の家)の人々を官界で活躍させる事で、王権の支えの一つとしようとしたのでしょう……やっぱり前途は多難という見方が、かなり大きく圧し掛かっていたんだよね(・_・;)
藤原氏に関して言うと、何となく南家寄りのような気がするんだけど、これはどうなんだろう?
別の方面からも眺めてみませんとねぇ。

画像は内容と関係なく、大和高田市内のお寺にあった幕末期の石仏です。
葛城地域らしく『役行者』ですね。
地蔵菩薩ほどではありませんが、この辺りでは時々見られます。
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
おまえは誰か
HN:
うめぞー
性別:
非公開
自己紹介:
明日は歴史作家!

カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

お天気情報

-天気予報コム-

最新コメント
[02/06 賀茂史女]
[02/05 うめぞー]
[02/02 賀茂史女]
[01/30 うめぞー]
[01/30 マム]

ブログ内検索

メールフォームです
今日の参考に

Copyright ©  -- うめぞー、思案中 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ