忍者ブログ

うめぞー、思案中

明日は歴史作家「うめぞー、執筆の合間に思案中」

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

うちの白壁王は二十一歳で平城の本社(?)にて就職(?)しまして、数年後に難波に転勤になりました。
更に数年の後、南山背の恭仁に職場が移りましたので、父親の残した加茂の別業に妻子と共に移っております。
ただ今の話の進行上では、近江国甲賀郡紫香楽村に転勤になりまして、こちらにも家を建てて単身赴任(一時は、二人の息子がおりましたが)しております。

そういう訳でこの御仁、平城の左京北一条第の他にも、難波別業、加茂別業を所有して、更に安普請などと言いながらも紫香楽にも家があるという、とんでもない事になっております。

返り咲きの藤:興福寺にて現在私が何とな~く気になっているのが、それぞれの家の管理を誰がしているのかという事です。
一応は四位の諸王ですから、家政機関なんぞが持てるようでして、宅司なんぞも任命できて、資人もそれなりにいて、所属する人数も決まっている訳です。
それ以外にも家人やら奴婢やらもいると思われますが、こちらの使用人らは主の所有扱いになるので、上限はあるかもしれませんが、多少の融通は利くかと思われます。
多分、一族の家同士で、こういう人達の移動もあったでしょう。
まぁ、下の方の使用人は良いにしても、問題となるのは家を預かるような上級の使用人です。

宅司は本宅にいるとすると、恭仁京に遷都した天平十三年以降は、加茂別業(実は京外にある設定です)が本宅になるということなのでしょうかね(゜.゜)
平城の北一条第は別宅扱いで、ここの管理は誰がするんでしょう?
家知事とか任命しようかしら(゜_゜>)
でも、加茂別業は御内室の実家(倭史氏)が管理している事になってるのから、家知事はこっちに置こうかなぁ(・・?
次に難波が都になった時にはどうしましょう……それよりも、こちらの家には誰がいるんだ、この時?(゚_。)?(。_゚)?
更には単身赴任先の紫香楽ではどうなるんでしょ(゜レ゜)
現代小市民の感覚では、全然、分かりませんわσ(^◇^;)

本日の意味無し画像は、興福寺南円堂で返り咲きに下がっていた藤の花です。
ちなみに右近の橘は、2センチくらいの青い実が結構ついています。
秋には数センチのオレンジ色の実になるはず(^_^)v




ついでのボヤキ……

土曜日にNHKの『サラリーマンNEO』の特集番組でやっていた『超大河ドラマ 戦国サラリーマン・ヒデヨシ』とかいうコント、これもしかして、ここ何年かの大河ドラマ制作スタッフへの、痛烈なる逆説のオマージュだろか…・・・だとしたら、ここの制作陣、滅茶苦茶強気だなぁ( ̄▽ ̄)。o0○いや、天晴れ
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
おまえは誰か
HN:
うめぞー
性別:
非公開
自己紹介:
明日は歴史作家!

カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

お天気情報

-天気予報コム-

最新コメント
[02/06 賀茂史女]
[02/05 うめぞー]
[02/02 賀茂史女]
[01/30 うめぞー]
[01/30 マム]

ブログ内検索

メールフォームです
今日の参考に

Copyright ©  -- うめぞー、思案中 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ