忍者ブログ

うめぞー、思案中

明日は歴史作家「うめぞー、執筆の合間に思案中」

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

別に昨日の続きと言う訳ではないのですが、かつて書いた文章の中にこのような会話がありました。

早良(さわら)は私がいずれは東大寺に戻って、それこそあの良弁(ろうべん)のように玄蕃寮(げんばりょう)を言いくるめ、皇家とも結びついて、大徳になると信じていたようだ。ところが三嶋になど逃げ出した故、次は自らがそれになろうとした。だがどうも、そちらの実務に関してはよほどに適した者が下にいたらしい」

これを言っているのは開成親王、既に延暦三年の時点です。
会話の相手は皇太子妃である内親王、開成親王から見れば姪に当たる人です。

この話が短編のためもあって、殆どまともな話になっていないんですよね(ーー゛)
おまけに本来ならば、主人公は五百枝王になるはずだったのになぁ……
皇太子の問題が、私の中で殆ど決着つかないため、いずれ書きたいと思っている粟生江内親王と五百枝王の物語が全然形になってくれやしない(-_-;)
いや、だから、今現在はこの辺りはどうでも良いのだけれど……(ーー;)

PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
おまえは誰か
HN:
うめぞー
性別:
非公開
自己紹介:
明日は歴史作家!

カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

お天気情報

-天気予報コム-

最新コメント
[02/06 賀茂史女]
[02/05 うめぞー]
[02/02 賀茂史女]
[01/30 うめぞー]
[01/30 マム]

ブログ内検索

メールフォームです
今日の参考に

Copyright ©  -- うめぞー、思案中 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ