忍者ブログ

うめぞー、思案中

明日は歴史作家「うめぞー、執筆の合間に思案中」

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

思い返して具体的な根拠もないままに、私という作者に嫌われている登場人物は何人かおります。
多分思うに、主人公なり主要登場人物が嫌っているために、作者自身がマインドコントロールをされていまして、同様に嫌いになっているんじゃないのでしょうか(~_~;)

今年の始めに書いていた話の中では、藤原仲麻呂橘諸兄奈良麻呂の親子を嫌っておりまして、私もいつの間にかそれに乗せられておりました……(-_-;)
ただ今のところ、山部親王が異母妹の酒人内親王を嫌っておりまして、作者も同調しようとしております。
……っちゅうか、この人の性格のモデルが、私の大嫌いな奴ですかねσ(^◇^;)
こんな奴をモデルにされてしまった内親王に、今更ながら同情しないでもないのですがね(^_^;)

そんな奴の事はともかく、この女性は光仁天皇井上皇后の間に生まれた内親王です。
例の超当てにならない『本朝皇胤紹運録』によりますと、どういう訳か山部親王と同母と書かれています。
その代わりに能登内親王が皇后の娘にされていたりして…・・・(・_・;)

天平勝宝六(754)年の生まれですから、伊勢の斎宮に選ばれた宝亀三(772)年には数えで十九歳、この年まで誰にも嫁いでいないのは、皇后の娘として周囲が立場的に扱いかねていたためなのかもしれません。
一般の理解では、皇后の排斥が中央で起きた後に、この内親王が伊勢斎宮に選ばれた云々という事のようです。
天邪鬼うめぞーは、今回もこういうところに疑問を持っておりまして、『続日本紀』に見える十一月十三日は、斎宮に卜定された日というよりも、野々宮を卜定した日なのだろうと思ってます。
もしもこの人がある立場の人の考えの元に伊勢に追いやられたのだとしたら、母親が云々なので娘も追い払うというよりも、母親を云々するために娘を追い払ったという解釈です。

以前に書いていた話では、井上皇后他戸親王の立場を強化するために、その姉の内親王を当時の皇族官人のトップを走っていた中務宮山部親王に娶わせようとしたという展開になっておりました。
作者同様に天邪鬼な親王は、この据え膳に猛然と反発をしまして、それ以前から何となく嫌っていた異母妹をいっそう嫌うようになった訳です。

そして、内親王を嫌っているはずの皇太子が、何の心境の変化で後宮に迎えてしまうのか、こいつが今の問題ですわ(ーー;)
実は山部皇太子、自分ではなく別の人に押し付けるつもりだったのですが……これが大ハズレの展開となりまして、自ら火の粉を被るような失態(?)と相成ります(--〆)
何かこの御仁も、年を取るごとに性格悪くなってきますわね……(@_@;)

PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
おまえは誰か
HN:
うめぞー
性別:
非公開
自己紹介:
明日は歴史作家!

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

お天気情報

-天気予報コム-

最新コメント
[02/06 賀茂史女]
[02/05 うめぞー]
[02/02 賀茂史女]
[01/30 うめぞー]
[01/30 マム]

ブログ内検索

メールフォームです
今日の参考に

Copyright ©  -- うめぞー、思案中 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ