忍者ブログ

うめぞー、思案中

明日は歴史作家「うめぞー、執筆の合間に思案中」

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

雲の林-東大寺東塔跡「花の頃はさながら雲の林だ。其方にも見せてやりたいものよ」
そのように語っていたのは、我等(?)が大覚寺統のホープ、世康親王でしたか。
後期南北朝の頃には、大覚寺統は再び吉野に御所を構えていたので、京の都の人々が吉野に詣でるのは、いうなれば反逆罪に等しい行為、花を詠むと吉野の桜でもめでようものならば、同等に見られても仕方がない、そういう状況だったはずです。
大和の生まれなのに吉野の桜など知らないという三郎(後の世阿弥元清)に、吉野の宮から抜け抜けと京にやって来た親王がこのように言うシーンが、昔書いていた話の中にあったはずです。
歴史モノに其の手の事(って、だから何なの?)を書かないとか申しましたが、この話は例外も良いところで、結構そういう(どういう?)事を書いていたような気が致します。

ここ何日か、血迷ったような事を平気で書いているので、もう一つついでに戯けた事でもほざいてみましょうか。

春日移しと枝垂れの華「それで義満は、いつまで其方を大童のままでいさせるつもりだ」
と笑う親王を十八歳になる三郎が、答える代わりに押し倒した揚句、
「どうも其方は、立場が分かっておらぬようだ」
と逆に押し返されて位置が逆転したところに、
「細川よりの使者が参りました」
と、襖の外から声がかかる……一体、何のシーンなんだ、こりゃ(*_*;
確か、世康親王という人は全くのノーマルで、18~9歳の時にさっさと結婚して娘がいるような人でしたっけ。
そしてある種の頭のネジが緩んでいるのか抜けているのか、周囲の野郎どもからそういう(だから、どういう?)目で見られてもほぼ気がついていないのか、あえて無視をしているのか……

まぁ、こういうヤツを臆面なく書いておりましたが、今現在書いているような話には、絶対に出てこないシーンですわ。
何せキャストがいないσ(^◇^;)
掴み合いの喧嘩ならばしてくれるような輩は、いくらでもいるんですけどね。
山部親王なんて、どう見ても体育会系だなぁ……一応、武道系よ。
 
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
おまえは誰か
HN:
うめぞー
性別:
非公開
自己紹介:
明日は歴史作家!

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

お天気情報

-天気予報コム-

最新コメント
[02/06 賀茂史女]
[02/05 うめぞー]
[02/02 賀茂史女]
[01/30 うめぞー]
[01/30 マム]

ブログ内検索

メールフォームです
今日の参考に

Copyright ©  -- うめぞー、思案中 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ