忍者ブログ

うめぞー、思案中

明日は歴史作家「うめぞー、執筆の合間に思案中」

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

岩船寺の塔の隅鬼職場で休み時間、寄りによって大河ドラマの話をしておりまして……
この前の日曜日に放映していた第二話の時点で、主人公の年齢は十二~三歳らしいという内容で、地味に盛り上がりました(-_-)

まあ、後期摂関期でもお公家さんのご子息はそのくらいの年齢で初冠(ういこうぶり)ですから、別に不思議には思いませんが、あのドラマでは二十二歳と言うにも無理がありすぎると、まあ、笑いの種ですね。
何所から見ても立派なヒネタ大童(おおわらわ)、一体、伊勢平氏にはどういう事情があるんだと勘繰りたくなるスタイルですわね(~_~)

ところであの場合は烏帽子なのか?冠なのか?それが分からない(?_?)
だいたい親父殿は、伊勢平氏として始めて昇殿を許された事が何よりの誇りなんだから、嫡男には烏帽子じゃなくて冠を着けさせたかったと違うのか……これは、調べてみないと分かりませんわ。
どちらにしても、押さえつけて烏帽子の紐結んで完了、ってな訳にゃ行かないでしょ?(・・?
結髪役も必要よ、加冠役に加えて(゜.゜)


ついでに最後の辺りの院の御所でのシーン……小童が二人、塀の上で見物しているのに、北面どもは何をしているんだ、ざるのような警備体制じゃないですか……(-_-;)
特に変な剣を抱えた方は、いつ矢衾にされたとて文句は言えませんわね。
もう一人の大童はと……こっちも多分、十歳を幾つも出てない年齢?

北面「そこな、小童、神妙に降りて参れ」
院 「何の騒ぎか」
為義「ややっ、なんと、我が倅では……」
院 「ほお、其方の子息か。其方らは親子そろって、何所まで我を愚弄すれば気が済むか。まあ良い、以後、其方らは我が御所への出入りは禁ずるゆえ、肝に銘じておくが良い」
為義「……SBN!」
義朝「そんなバカな、ですか、父上」
為義「やかぁしいわ」

という、つまらないギャグを、つい、ひねってしまいました( ̄▽ ̄)。o0○
 
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
おまえは誰か
HN:
うめぞー
性別:
非公開
自己紹介:
明日は歴史作家!

カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お天気情報

-天気予報コム-

最新コメント
[02/06 賀茂史女]
[02/05 うめぞー]
[02/02 賀茂史女]
[01/30 うめぞー]
[01/30 マム]

ブログ内検索

メールフォームです
今日の参考に

Copyright ©  -- うめぞー、思案中 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ