忍者ブログ

うめぞー、思案中

明日は歴史作家「うめぞー、執筆の合間に思案中」

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

以外に目立ちません……何となく、昨日の続きのように……

この歌碑は私の出没場所の一つ、奈良市矢田原町の田原西御陵、または春日宮天皇陵の切り通しの入り口付近に立てられています。
私はつい、この歌碑の前辺りに車を停めてしまうので、嫌でも目に付くのですが、案外知っている人が少ないと聞いています。

さて、ここに書かれている文字、何度見直しても

いわはしる たるみのおかの さわらびの もえいずるころに なりにけるかも

と書かれているような気がするのですが……

この歌の内容について、今更云々するのもおこがましいので最低限のデータのみ記しますと、

万葉集 巻八ー1418 春の雑歌の一番初めにあげられている志貴皇子の歌です。

 志貴皇子の懽(よろこび)の御歌一首
石(いは)ばしる 垂水(たるみ)の上の 早蕨(さわらび)の 萌え出づる春になりにけるかも
 志貴皇子懽御謌一首
石激 垂見之上乃 左和良妣乃 毛要出春尓 成来鴨

さて、この歌碑を揮毫されたのはどなたかと申しますと、左端の方に『昭和五拾年 七月吉日 賀陽邦寿』と書かれているように見えます……でも、100パーセント拡大しても良く分かりません(-_-;)
賀陽邦寿さんってどなたでしょう……ネットでチョイとしらべてみましたところ、『邦寿王』で出て来ました。
更にはこの方、日本居合道協会の初代会長だそうです……(゜.゜)
それにしても何となく気になるのは、どうして旧皇族の方がこの歌を揮毫されたものやら、まあ、つまらない想像はやめておきましょうっと……(゜_゜>) 
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
おまえは誰か
HN:
うめぞー
性別:
非公開
自己紹介:
明日は歴史作家!

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

お天気情報

-天気予報コム-

最新コメント
[02/06 賀茂史女]
[02/05 うめぞー]
[02/02 賀茂史女]
[01/30 うめぞー]
[01/30 マム]

ブログ内検索

メールフォームです
今日の参考に

Copyright ©  -- うめぞー、思案中 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ