忍者ブログ

うめぞー、思案中

明日は歴史作家「うめぞー、執筆の合間に思案中」

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 先日、ニュースでも取り上げられていた東大寺正倉院の整備工事の現場公開に、昨日の午前中に行って参りました。
既に四回目ですが、今回は新しい瓦も焼きあがって、瓦の葺き替えが始まった状況を見せて頂きました。

昨日見せて頂いた様子では、西面以外に平瓦を置き終わったという状況です。
この画像は南東の隅から東面の屋根を見たところ。
手前の方が今回の修理で新しく焼き直した瓦で、奥の方は室町・慶長年間、江戸時代の物が並んでいます。
左端に少し見えている南面の物は、創建期と思われる天平時代の瓦だそうです。
こうして見ただけでも、暦年の風化によって色が変わっている様子が良く分かります。

屋根の南側や東側は日当たりが良く乾燥して、瓦の痛みも少ないのだそうで、古い瓦は主に南面に固めて再利用するのだそうです。
北面と西面はほぼ、新しく制作した瓦を使用するそうですが、軒瓦のデザインは創建期の東大寺式。
軒瓦は創建期の物が残っておらず、最も古くても鎌倉期の物になるとの事です。
そうなりますと復元瓦は、普段の正倉公開では見る事の出来ない面に集中してしまいます。
個人的には、このデザインが一番好みなので、何となく勿体無いなぁ……と、感じる次第ですσ(^◇^;)

今回は四方の下り棟に乗っていた八つの鬼瓦が展示されていました。
鬼瓦も慶長年間から明治時代の物までが使われていますが、北東隅の明治時代の物は割れが大きくて保存に回すそうで、今回新たに焼き直したという事でした。
それがこの画像、ペアになる慶長年間の物にデザインを合わせています。

ところで格隅に一対ずつ置かれる鬼瓦ですが、これが阿吽になっているとは今回初めて知りました(-_-)
こちらは南東隅の阿形(慶長年間)、口を開いています。
そしてこちらが吽形(江戸時代)、口を閉じています。

予定では、今回の修復工事は来年の秋まで続くそうで、正倉の外観公開は来年の正倉院展を目処にしているようです。
次の一般公開は来年の春を予定しているそうで、その頃には全て瓦を葺き終わった屋根を見る事が出来るとか。
その頃にも忘れずに、宮内庁のHPをチェックしておかなければ( ̄▽ ̄)。o0○
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
おまえは誰か
HN:
うめぞー
性別:
非公開
自己紹介:
明日は歴史作家!

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

お天気情報

-天気予報コム-

最新コメント
[02/06 賀茂史女]
[02/05 うめぞー]
[02/02 賀茂史女]
[01/30 うめぞー]
[01/30 マム]

ブログ内検索

メールフォームです
今日の参考に

Copyright ©  -- うめぞー、思案中 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ