忍者ブログ

うめぞー、思案中

明日は歴史作家「うめぞー、執筆の合間に思案中」

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本当なら春日大社でおん祭り関係の講演を聴きに行くはずだったのですが、急遽予定を変えまして、わらび座カンアミ伝を桜井市民会館に見に行きました。

このところ演劇も市民劇団やセミプロのものばかりを見ていまして、商業演劇は本当に久々です。
おまけに私の世代では、わらび座と聞くと学校訪問をしてくれる演劇集団というイメージを持っている方も少なくないかもしれません。
ここ最近だとやはりオリジナルミュージカルなのかな?
ホント、舞台芸術の方に滅法、疎くなってしまっていけません。

確かこの作品、先々月に川西町でも上演されていたと思いましたが、用事があって行けずじまい、桜井市民会館での上演を知ったのは、つい一週間前、急いでローソンチケットで前売り券を買ってきました。
しかし巡回上演も、行われるホールによってチケット代がベラボウに違うのに驚きます。
ちなみに奈良市や大阪市での上演は、桜井での1.5倍の金額になっています……

さて、一人の人物の生涯を描くとなると、一番重要になるのはその人のキャラクター立てです。
観阿弥清次という申楽の大家をどういうキャラクターとして捉えるか、多分、ミュージカルとしてのこの物語は、結構良い感じに展開していると思いました。
二時間足らずの舞台ですから、下手にエピソードやキャラクターを欲張っても物語に締りがなくなるし、何か一本テーマを通してもらわないと、ストーリーそのものが破綻していしまいますからねぇ。
だから、カンアミは芸能一筋の大家という素直な捉え方で、感動的な物語に仕上がっておりました。
役者さんたちも躍動的で素敵(*^。^*)
特に女性陣がとても魅力的に描かれていました。

やっぱり、ライヴの舞台は良いですねぇ。
席もどういう訳か最前列だったので、役者さんの地声まで聞こえそうな距離で見ておりました。
ミュージカルですから、ややこしい所は気にせずに、舞台そのものを楽しめば良いですしね。

た~だ~し~、歴史小説となると、こうもストレートな物語では、絶対に済まないと思うのですがね……(~_~;)
私もかつて、この辺の時代は扱っていて、観阿弥清次は重要な脇役で出てきますが、もう全然他人ですσ(^◇^;)
本人は関わりたくないのに、河内の(母方の)従兄弟どもはやたらに介入してくるし、足掛かりにしたかったはずの鹿王院の大樹は、吉野から(下りてこなくても良いのに)来た儲宮と結託して、結崎座も権謀に引き込もうとするし、息子どもには関わるなと諭しているのに、長男は積極的にそちらに絡みたがるし……これじゃ観阿弥大夫、駿河あたりで暗殺(説を一応採っております)される前に、胃潰瘍か何かでぶっ倒れますわ(@_@;)
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
おまえは誰か
HN:
うめぞー
性別:
非公開
自己紹介:
明日は歴史作家!

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

お天気情報

-天気予報コム-

最新コメント
[02/06 賀茂史女]
[02/05 うめぞー]
[02/02 賀茂史女]
[01/30 うめぞー]
[01/30 マム]

ブログ内検索

メールフォームです
今日の参考に

Copyright ©  -- うめぞー、思案中 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ