忍者ブログ

うめぞー、思案中

明日は歴史作家「うめぞー、執筆の合間に思案中」

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

朝から雨……こりゃ、石上神宮の御渡り式は中止だねぇと、昼前くらいから東大寺に行って来ました。
本日は『大仏さま秋の祭』、朝から法要と献茶式があるのは知っておりましたが、こちらには全く間に合う時間ではなく、午後からの『慶讃能』が雨天の場合は金鐘会館で行われると聞いていたので、そちらを見に行く事と致しました。
13時半からの開演だったので、例によって『東大寺ミュージアム』で時間を潰し、ホールの前に人が少し集まり始めたので並んでいたところ、関係者の方が招待券を下さいました。
お蔭様で、かなり良いポジションにて鑑賞できました事、大変感謝いたします……と、ここで御礼を言っても見ておられない事はほぼ確実かとσ(^◇^;)

演目は『清経』……平家物語に取材した修羅ものです。

昔見た時には特に何に共感したというストーリーでもなかったと言うか、むしろどうして世阿弥はこのような人物をわざわざ、このような物語立てで描いたのかが疑問でした。
小松大臣重盛の三男でしたか、この人は。父にも祖父にも死なれて、平家一門が都落ちをした後、一番最初に入水自殺をした人……何とも身も蓋もない表現で(-_-;)
昔書いていた話の中で、件の世康親王(大覚寺統の親王)が三郎(世阿弥)に対して、
「どうしてこのような詰まらぬ壮士を書くのか。私ならばその兄の資盛を書こうものを」と批判なのか愚痴なのかをこぼすシーンを持って来たのですが、これがまさに私の感想でした。

ところが……何故なのか後シテ登場の後、急に泣けて来た……泣けて来たのに、どういう訳か疑問なのは、これって果たして泣くような内容なのか?
武者の家に生まれ、戦の場を逃げ出すようにして入水した夫を恨む未亡人の心情はまだしも、幽霊となって現れた亡夫に妻はののしりに近い言葉を吐く……何せ、遺髪も要らない、宇佐八幡宮に奉納してくれと言ったほどの気丈な女性のようで。
夫は自らと一門の追い詰められて行く身と真情を語り、ついには夜の海に船を浮かべて身を投げたものの、死後の世界も修羅の巷だと嘆く……

何で、泣けてきたのか……何かにシンクロしていたのかしら久々に。
でも、見終わった後の気分は決して悪い物ではありませんから、そうねぇ、年をとってこちらの心境が変わったって事なのかもしれませんわ……( -」)φ清経中将は念仏によって成仏したらしいです。

歌枕直美さんの やまとうたコンサート生憎ながらお能の方の画像はありません。
特に写真は禁止でもなかったようで、あちらこちらでシャッターを切る音はしていたのですが、珍しく大人しく見ておりました。
それにしても、ストロボは切っておけよな……最低限のマナーと違うのか?(--〆)

この後、16時から歌枕直美さんのコンサートもありました。
画像はその時のものです。
ホールの広さがちょうど良かったようで、マイクなしの生の声での、一寸スペシャルなライブでした。
今回は『和歌劇』ではなく『やまと歌』でしたので、純粋に歌を楽しめば良いというところでしょうか。

それにしても、『おしとど』と歌垣を軽やかに歌い上げる歌姫の声の裏で、為政者らの陰謀劇が浮かんでしまう私は、やっぱり病気ですわ?(゚_。)?(。_゚)?( ̄▽ ̄)。o0○?(゚_。)?(。_゚)?
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
おまえは誰か
HN:
うめぞー
性別:
非公開
自己紹介:
明日は歴史作家!

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

お天気情報

-天気予報コム-

最新コメント
[02/06 賀茂史女]
[02/05 うめぞー]
[02/02 賀茂史女]
[01/30 うめぞー]
[01/30 マム]

ブログ内検索

メールフォームです
今日の参考に

Copyright ©  -- うめぞー、思案中 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ